従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

特急しまんと号◆ヘッドマーク事典

特急しまんと号ヘッドマーク さ行
特急しまんと号抽象ヘッドマーク
スポンサーリンク

⇒ 特急しまんと号のデータファイルはこちら

特急しまんと号のプチ・ストーリー

◆ 瀬戸大橋(本四備讃線)の開業により、特急南風が高松発着から岡山発着に改められた際に、元の南風号の経路に新規設定された特急しまんと号。運転区間は、高松~高知・中村。

※画像提供:Teru-t2様・キハ181系時代

※画像提供:Teru-t2様・キハ181系時代

当初、3往復の設定で単独運転、坂出駅で寝台特急瀬戸と接続する設定もあった。現在は南風号との併結運転を中心に5往復の設定となっている。

2700系特急しまんと

※画像提供:谷澤良二様 2700系特急しまんと

1990年代から長く使用されてきた2000系気動車に代わり2020年代は2700系の時代となる。2021年春の改正で完全移行した。

◆特急しまんと号のトレインマーク

特急しまんと号ヘッドマーク

特急しまんと号抽象ヘッドマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】1990年11月21日
【HM引退】2021年3月12日
【HM使用期間】30年4か月

最後の清流と呼ばれる、四国西部を流れる川の名称「四万十川」。その名前を採り、南風号と並ぶ土讃線の特急の代表として走っている。トレインマークは見ての通り、蛇行する川の流れを描いたもの。そして、背景の赤は土讃線のラインカラーであって、南国をイメージしたものではないらしい。それにしても、抽象的すぎてちょっと魅力には欠けるデザインだ。

【初代】トンボのヘッドマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【ロゴマーク登場】1988年4月10日
【ロゴマーク引退】1990年11月20日
(翌日から抽象画タイプに変更)
【ロゴマーク使用期間】2年7か月

対照的に四万十川流域ののんびりとした雰囲気をいっぱいに味わえるデザインが初代ヘッドマーク。赤とんぼが飛ぶところもワンポイントが地域の魅力を伝えている。川の流れが速そうに見えるが、そのあたりはちょっとイメージと違っているような気もする。

◆特急しまんと号×TSE

特急しまんと号TSE貫通

特急しまんと号TSE貫通

・・・・・・・

量産型2000系が配備され始めた頃の、TSEという文字が前面に掲げられた車両の特急しまんと号。キハ181系王国と言われた四国に振り子式を採用した新型ディーゼル車が特急用に導入されると聞いたときには驚いたが、その後2000系王国と言えるほど、特に土讃線ではエースとして活躍した。

特急しまんと号TSE貫通


特急しまんと号TSE貫通

この後量産された2000系は黄色いラインが入ったが、ちょっと浮いた印象を受けた。車両の塗装に関しては、このままが良かったような気がする。もちろん、ヘッドマーク窓があったほうが嬉しいというのが私の個人的意見だ。

 特急しまんと号2000系貫通

特急しまんと号2000系貫通

*** 画像提供:kogane-turbo様

保存

タイトルとURLをコピーしました