従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

シュプール信越号◆ヘッドマーク事典

さ行
スポンサーリンク

⇒ シュプール信越号のデータファイルはこちら

シュプール信越号のプチ・ストーリー

◆ 新宿・上野・東京~妙高高原を結んでいた全車指定席のスキー客用列車

このシュプール信越号は189系・489系・14系客車などを用いていたようだ。残念ながら信頼性の高い資料を十分に見つけることができず、円形ヘッドマークおよびテールマーク画像のみの紹介とする。円形のものはEF63に使用されたとの話もあるが確認できていない。

よく似た名称の列車として、「シュプールトワイライト信越号」という列車が設定されたことがあったが、こちらは神戸~黒姫間を走り、特急としてJR西日本によって設定された様なので、全く別物の列車である。

シュプール信越号のヘッドマーク

設定のメインとなっていたのは碓氷峠対応の特急型電車2系式、189系および489系。

シュプール信越号189・489系用マーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】1986年1月10日
【HM引退】2000年3月19日
(最終運転到着日)
【HM使用期間】14年2カ月

シュプール関連のヘッドマークにもいくつかのタイプがあるが、このマークではスキーヤーが板のエッジを利かせて滑っている感じが出ている。

シュプール信越号ヘッドマーク

・・・・・・・・・・・

 

碓氷峠の補機・EF63の先頭を飾ったと思われるヘッドマーク。電車用のヘッドマークと比較するとデザインの基本線は同じでありながらも輪郭がはっきりしない印象を受ける。なんとなく手作り感が漂うマークである。

タイトルとURLをコピーしました