従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

スーパー雷鳥号◆ヘッドマーク事典

特急スーパー雷鳥ヘッドマーク
特急スーパー雷鳥ヘッドマーク
スポンサーリンク

 ⇒ 特急雷鳥号のヘッドマーク事典はこちら

 ⇒ 特急雷鳥 系のデータファイルはこちら

特急スーパー雷鳥号のプチ・ストーリー

1989年3月11日に登場した特急スーパー雷鳥号は、その名の通り特急雷鳥号のグレードアップ版である。最高速度が130km/hに引き上げられ、大阪~金沢間を2時間39分で結んだ(7両編成)。1991年9月には七尾線が電化されたことにより、気動車のゆぅトピア和倉に代わり和倉温泉まで延長された。それとともに3往復増発⇒7往復となる。raicho4

拡大の流れが変わり始めたのが1995年4月。681系が投入されて一部がスーパー雷鳥(サンダーバード)というカッコつきの名称となる。485系版が4往復で681系版が8往復。そして1997年3月にはついに681系版の名称からスーパー雷鳥という部分がカットされ、特急サンダーバード となった。陰りが見えた瞬間だった。そしてその4年後の2001年3月、683系投入でサンダーバード15往復となりスーパー雷鳥は廃止された。

トレインマークもさることながら、車体の清々しいカラーリングも白をベースとしたボディーにブルーとピンクのラインが巻かれた、好印象のものだった。個人的意見ではあるが、本来の雷鳥のおっとりとした姿に「スーパー」という名前はちょっと似合わない様な気もする。raicho5

485系・583系、臨時では14系客車も使用して運転されていた。現在はそのすべてが681系・683系車両に置き換わったことから特急サンダーバードに完全に務めを譲り、

◆特急スーパー雷鳥号のトレインマーク

スーパー雷鳥号のトレインマークは、通常の雷鳥号の「高山の岩の上にたたずむ雷鳥」という基本デザインをベースにして斜めに末広がりのラインが数本入っている。

特急スーパー雷鳥ヘッドマーク

特急スーパー雷鳥ヘッドマーク

こちら、ボンネット型用のスーパー雷鳥号のマークは、レギュラーで使用されたものではない。それもそのはず、スーパー雷鳥号カラーの編成にボンネット型はなかったからだ。

特急スーパー雷鳥ヘッドマーク・ボンネット型

特急スーパー雷鳥ヘッドマーク・ボンネット型

しかし、白山カラーの489系などが代走することがまれにあり、その際に取り付けられて実際に走っていたことがわかった(参照資料:鉄道ファン1998年10月号P.42)。

なお、JR西日本の公式グッズショップでレプリカが販売されている。

タイトルとURLをコピーしました