従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

寝台特急はやぶさ号◆ヘッドマーク&テールマーク事典

寝台特急はやぶさ号のテールマーク
スポンサーリンク

⇒ 寝台特急はやぶさ号データファイルはこちら

 ⇒ 新幹線はやぶさ号のページへ

寝台特急はやぶさ号のプチ・ストーリー

◆ 東京~熊本を結んでいたブルートレインで、かつては西鹿児島(現:鹿児島中央)まで行っていた寝台特急はやぶさ号。その距離はまる一日近く走るほどの距離で、日豊本線経由の寝台特急富士が宮崎短縮になったときから長い間走行距離日本最長の列車となっていた。

1999年12月からは特急さくら、2005年からは特急富士との併結運転となり、使用車両も24系25型から14系へと変更にもなったが、東京と九州を結ぶ最後のブルートレインとして2009年3月まで走り続けた。ef66fuji-hayabusa

それに至るまでにも、基本編成が同区間を走っていた寝台特急みずほ号が廃止になるなど、九州ブルトレの衰退は着実に進んでいるることがはっきり感じられた。トレインマークはEF66とED76の先頭に取り付けられているのを最後まで見られた。廃止になる時点で関門トンネル内のEF81 400番代にはヘッドマークがなかった。

◆寝台特急はやぶさ号のトレインマーク

ブルートレインはやぶさHM

寝台特急はやぶさ号のヘッドマーク(本州用)

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】1958年10月1日
【HM引退】2009年3月14日
(最終運転到着日)
【HM使用期間】50年5か月

一見すると同じデザインに見える2種類のヘッドマーク。縁の金色が端まで行っているものは、寝台特急はやぶさ号が単独で走行していた時代に本州内の運転区間で、つまり東海道および山陽本線で使用していたヘッドマーク。

寝台特急はやぶさHM

寝台特急はやぶさ号のヘッドマーク(九州用)

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】1958年10月1日(~1975年3月10日)
【HM再登場】1984年2月1日
【HM引退】2009年3月14日
(最終運転到着日)
【HM使用期間】合計41年6か月

EF65PFやEF66、その他歴代のブルートレインはやぶさ号牽引機関車に取り付けられていたタイプのヘッドマークだ。同じく寝台の特急あさかぜ号とも共通する点だが、カラーリングにおいては控えめなものの、スピード感を感じさせるデザインとシックな雰囲気の魅力あるトレインマークといっていいのではないだろうか。

一方、縁は背景色の白で金色の円が一回り内側にあるタイプは、はやぶさ号が九州で使用していたタイプのヘッドマーク。ED76やED73など、ブルートレインはやぶさ号を牽引した歴代の交流型機関車に取り付けられていた。本州で使用された単独運転時代のヘッドマークに近いデザインだが、中央が膨らんだ、中華なべ型。そしてひとまわり小さいのも特徴といえる。

寝台特急はやぶさテールマーク

寝台特急はやぶさ号のテールマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【TM登場】1979年7月1日
【TM引退】2009年3月14日
【TM使用期間】29年8か月

寝台特急富士・はやぶさ複合型ヘッドマーク

寝台特急富士と併結運転していた頃の(つまり最終期の)トレインマークで、本州内でのみ使用されていた。時代が新しいことから基本的にはEF66にのみ使用されていたデザインだが、故障による代走でEF65PF機が使用された際にこのヘッドマークが掲げられたという実績がある。

富士はやぶさHM

寝台特急富士・はやぶさ号のヘッドマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】2005年3月1日
【HM引退】2009年3月14日
(最終運転到着日)
【HM使用期間】4年0カ月

寝台特急はやぶさ・さくら複合型ヘッドマーク

さくらはやぶさHM本州型

寝台特急さくら・はやぶさ号のヘッドマーク(本州型)

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】1999年12月4日
【HM引退】2005年3月1日
(最終運転到着日)
【HM使用期間】5年3カ月

さくら号と併結運転していた頃の、複合型トレインマークをご紹介する。上が本州内用ヘッドマーク。上下に分離されたデザインだった。複合型マークはほとんどの場合こういった形で上下にそれぞれの列車名を示すのが一般的だった。 例:あかつき/明星、あかつき/彗星、あかつき/なは(本州型)、富士はやぶさなど。

寝台特急さくら・はやぶさ号のヘッドマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】1999年12月4日
【HM引退】2005年3月1日
(最終運転到着日)
【HM使用期間】5年3カ月

それとは対照的に、九州内牽引機関車用のマークは複合型ヘッドマークの中でも異例の、重ねあわせデザインとなっている。こうした配置の例は他にあかつき/なは(九州型)くらいしか例がない。

形状はプレートそのものも中央が膨らんだ、九州独特の形をしている。

このマークは九州に入ってから、北九州市の門司駅以西で牽引したED76に装着されていたものだ。普通に考えると門司~鳥栖の併結区間だけ使用していたのだろうと思うところだが、実は九州内では全区間(はやぶさ単独区間の熊本までも)このマークで走っていたという。(RailMagazine No.196参照)

◆寝台特急はやぶさ号の画像集

(* 画像提供:Teru-t2様・Yonpaq様・K-office様)
 
・大阪駅に停車中の、ブルートレインはやぶさ。ブルートレイン・ブームからの鉄道ファンの方々にはこの姿が最も馴染み深いのではないだろうか。 とはいえ、この機関車による牽引期間はEF66に変更になってから廃止までの期間と比べると意外なほど短かった。 それでも、このEF65が今でも別の用途で元気に活躍している姿を見かけるとホッとする。

hayabusa11 hayabusa2
・EF66牽引の姿。富士号との併結の前は、さくら号と併結していたが、その前の時代(右の画像)は全区間単独運転で、堂々とした長大編成で、ブルートレインの風格たっぷりだった。左の画像は運転最終日。約2時間遅れで到着したにもかかわらず、大勢の鉄道ファンが別れを惜しんで沿線各地を訪れたことは記憶に新しい。下関に在籍していたEF66はすべてが廃車された。でもなんとか、牽引できる原型に近い姿のEF66を残しておいて、リバイバル運転を行なえる環境をとどめておけないものだろうか。(JR貨物所属の27号機が最有力候補ではあるが・・・)


・九州内の牽引機、ED76。独特の、中心が膨らんだ形のヘッドマークを掲げて。門司駅で富士と分割されて6両編成になると、軽々と進んでいくように見える。不思議に思ったのは、はやぶさの機関車には前後にヘッドマークが掲げられていたのに、富士の機関車には前だけだったこと。もしかすると、富士の方が盗難回数が多かったのかもしれない。

ed76saku-busa

上はブルートレインさくら号との併結時代。富士号の場合とは異なり、九州でも複合型トレインマークが使用されていた。はやぶさ号が終点熊本までこのマークで、さくら号も終点の長崎までこのマークだったという。

hayabusa8hayabusa6
・富士・はやぶさ廃止直前。門司駅に到着したはやぶさ号。使用している車両は14系15型のテールとなっている。それは富士との分割併合を行なうため集中電源の24系では一方しか電気供給できなくなるため、分散電源の14系に変更したためだ。富士・はやぶさ号はまったく同じ編成をしていたのだが、九州寄りからそれぞれ2両目にA寝台、そして3両目にB寝台一人用個室「SOLO」が連結されていた。このSOLOは、リーズナブルでいて非常に質感の高いB寝台車でかなりお得な存在だった。

hayabusa12 hayabusa5
・夜の名古屋駅に到着した下りブルートレインはやぶさ号。まだまだ有効時間帯であり、通勤電車の往来もある中での到着となる。 写真は1994年の撮影で、この当時はまだまだ24系25形車両を使用しての運転だった。電源車のブロワー音が独特の風格を感じさせていた。(写真は電源車ではありません)。右は東京駅で出発を待つ1983年の特急はやぶさ号。

◆寝台特急はやぶさ号のおすすめ動画

門司駅・EF81との連結作業  ★最終列車・宇部駅を2時間遅れで発車
ラストラン・東京到着目前の車内放送

タイトルとURLをコピーしました