従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

急行ニセコ号◆トレインマーク&データファイル!

スポンサーリンク

急行ニセコ号・倶知安

急行ニセコ号のプチ・ストーリー

◆函館~札幌を函館本線(山線経由)で1986年まで定期列車として、さらに1993年夏まで臨時列車として結んでいた急行ニセコ号。キハ56系で運転されていた上りニセコ3号(根室⇒函館)は気動車を使用する急行としては最長運行距離の記録であり、当時もその後も変わらない。

数ある北海道の客車急行の中でいち早く14系化されて力を入れている列車かと思われた時期もあったが、JR化を待たずしてあっさり臨時列車化(気動車化)された。特急北海と同様、山線の閑散化と共に需要が低下して言った列車の一つだ。とはいえ、急行そのものの衰退期に入っていたことも事実で、海線経由の急行すずらん特急北斗に格上げされて臨時列車化⇒廃止の道を急行ニセコに先立って歩んでいった。

◆急行ニセコ号のトレインマーク

トレインマークに描かれているイラストはニセコ連峰の主峰・ニセコアンヌプリ。走行する函館本線(山線)を函館から札幌に向かうと、右に羊蹄山、左にニセコアンヌプリが見える。世界的にも有名なスキー場があったりして雪山のイメージが強い。

このマークは14系客車を使用して運転された頃に活躍したテールマークだ。なお、2004年に2日間だけ運転されたキハ183系特急ニセコ号にも使用された。

*** 画像提供:タケちゃん様・急行つとむ2号様

101d-niseko

皆様へのお願い~もっと事典を充実させるために~

この列車のヘッドマーク・ロゴマーク類のデザインに関するさらなる情報を調査しています。

また、将来的には 号のトレイン・サボなども存在が確認出来たらご紹介する計画なので気長にお待ちいただければ幸いです。

なお、トレースを精密に行うには当然のことながら精細な画像が必要になります。このサイトは皆さんに無償で使っていただけるトレインマーク事典ですのでご協力いただけるなら皆さんの益になると確信しております。情報をご提供いただける方を募集しています。

 

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました