【愛称別トレインデータ館】へはこちらから

【ジョイフルトレイン】ゴールデンエクスプレス・アストルのトレインマーク

スポンサーリンク

ゴールデンエクスプレス・アストルのプチ・ストーリー

ゴールデンエクスプレスアストルのロゴマーク

ゴールデンエクスプレスアストルのロゴマーク

◆JR西日本・金沢支社所属のジョイフルトレインで1988年から2006年末まで活躍した車両。すでに存在していたゆぅトピア和倉号が週末を中心に運用が定まっており、団臨用の運用が確保できなくなっていたため、ゆぅトピア和倉車両を補完する目的で登場した。

キハ65形、キハ28形、キロ28形を改造した車両で、スタイルもゆぅトピア和倉とよく似た大型前面窓が特徴である。代走をすることもあり、ゆぅトピア和倉として特急雷鳥に牽かれて連結運転されたこともあった。

急行能登路のロマンスカーだった!

編成は、 キロ65 551=キロ29 552=キロ65 1551 の3両編成。(後に、キロ29はキロ29 554に置き換えられた)。

急行能登路号・ロマンスカー

急行能登路号・ロマンスカー

この中で、キロ29 552の種車はキハ28 2049。この車両は急行能登路号でロマンスカーとして活躍していた車両。0系新幹線から移植された転換クロスシートやビデオ装置などの設備を特徴とする車両だったが、多目的車両に転用されてゴールデンエクスプレスアストルに組み込まれたものだ。

皆様へのお願い~もっと事典を充実させるために~

この列車のヘッドマーク・ロゴマーク類のデザインに関するさらなる情報を調査しています。

また、将来的には 号のトレイン・サボなども存在が確認出来たらご紹介する計画なので気長にお待ちいただければ幸いです。

なお、トレースを精密に行うには当然のことながら精細な画像が必要になります。このサイトは皆さんに無償で使っていただけるトレインマーク事典ですのでご協力いただけるなら皆さんの益になると確信しております。情報をご提供いただける方を募集しています。

タイトルとURLをコピーしました