従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

特急あしずり号◆ヘッドマーク事典

スポンサーリンク

⇒ 特急あしずり号のデータファイルはこちら

急行あしずり号はこちら

特急あしずり号のプチ・ストーリー

★  高知~中村・宿毛を結ぶ高知県西部のディーゼル特急として運転される特急あしずり号特急南風や、特急しまんと号と共通運用を組んでいる。

2011年3月までは、下りの1本だけの設定であったり、下り5本だけで上り設定なしの時代もあったという非常に珍しい列車で、なおかつ1号という番号が使用されている点でも不思議な列車だったが、現在は様変わりした。

1990年に特急として設定され、キハ181系・キハ185系で運転されていたが、1993年からは2000系が運用に就き、高速化された。2014年春の改正で宿毛発着列車(中村以西)が削減され上り1本だけになった。 急行あしずり号の時代は、高松発着で高知県西部の都市とをつなぐ長距離急行だった。

◆特急あしずり号のトレインマーク

名称は、言わずと知れた高知県西部の岬・足摺岬から採られている。断崖絶壁の岬に打ち寄せる黒潮の波の図案で、赤と青のコントラストが少しきつい印象だが、実際に車両に装着されるとよくなじんでいる。 元々は急行列車の名称として長く親しまれていたものなので、今後も吸収による廃止などされずに存続してもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました