従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

【ジョイフルトレイン】リゾートエクスプレスゆう◆ロゴマーク事典

や行
スポンサーリンク

⇒ リゾートエクスプレスゆうのデータファイルはこちら

リゾートエクスプレスゆう のプチ・ストーリー

◆ 1991年3月に欧風電車としてデビューし1998年に和式の内装へと変更されたジョイフルトレイン。6両編成で全車両グリーン車仕様となっている。外観の塗装や勝田電車区への配置はずっと変わらない。

485系に属し、種車が485系と183・189系ということなのだが、それは機器類についてであって、車体は新製されたもので651系に準じた普通鋼製のものだという。最も目を引くのはドーム状の展望室とディスコ風のイベントフロアを有する4号車。定員外の割り切った車両だ。

2018年9月6日に廃車となり、個性的な車両がまた一つ去って行ってしまった。

この列車のなごりとして注目されていたのがマニ50 2186で、通称「ゆうマニ」。水郡線などの非電化区間に直通運転する時のサービス電源供給用電源車として連結されていたものだ。
しかし、東京急行電鉄が直流車両のTHE ROYAL EXPRESSを非電化区間と交流電化区間しかない北海道で運行するため、客室への給電にうってつけの存在として真っ白に塗装を変更し譲渡されていった。

リゾートエクスプレスゆうのトレインマーク

485系リゾートエクスプレスゆう

485系リゾートエクスプレスゆうのロゴマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【ロゴマーク登場】1991年3月30日
【ロゴマーク引退】2018年9月5日
【ロゴマーク使用期間】27年5カ月

「RESORT EXPRESS」の文字が軽快な雰囲気のフォントで描かれている右には少々華奢で気品を感じる「ゆう」の文字。そして、燕尾服を着てシルクハットをかぶり、脇にステッキを持った紳士のイラストが描かれている。

このマークが描かれているのは4号車イベントカーのボディーサイド・両側で、左右とも同じ向きで描かれているようだ。ステッカータイプだが、けっして目立つようなマークではなく、大き目の平面エリアに幾分控えめに貼られているところがちょうどいいという印象だ。

皆様へのお願い~もっと事典を充実させるために~

この列車のヘッドマーク・ロゴマーク類のデザインに関するさらなる情報を調査しています。

また、将来的には リゾートエクスプレスゆう号のトレイン・サボなども存在が確認出来たらご紹介する計画なので気長にお待ちいただければ幸いです。

なお、トレースを精密に行うには当然のことながら精細な画像が必要になります。このサイトは皆さんに無償で使っていただけるトレインマーク事典ですのでご協力いただけるなら皆さんの益になると確信しております。情報をご提供いただける方を募集しています。

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました