従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

臨時特急かにカニはまかぜ号◆ヘッドマーク事典

スポンサーリンク

⇒ 臨時特急かにカニはまかぜ号のデータファイルはこちら

臨時特急かにカニはまかぜ号のプチ・ストーリー

◆ 大阪~浜坂を結ぶ冬季の臨時列車として1999年から期間中の土曜・休日を中心に運転される「かにカニはまかぜ」号。定期列車である特急はまかぜ号を補完する列車であるが、イベントのPRを兼ねているため、81号といった大きな番号を付けるだけでなく別列車として設定されて成功している。

その名の通り列車設定の目的が非常に明確だ。カニのシーズンを迎える11月から3月にかけてグルメ旅行用の列車である。この列車が走るオンシーズンになると但馬地方は大いに活気付く。1999年から20年以上にわたって人気の列車となっており、JR西日本の冬の風物詩と言えるだろう。

この同じキャンペーンの列車は気動車・電車と多岐にわたり、さまざま設定されていた。「かにカニ香住」「かにカニ北近畿」「かにカニ文殊」ほか多数あった。

1999年からキハ65形気動車(エーデル車両)を使用していたが、翌2000年から2010年12月23日まではキハ181系が使用され、2011年1月8日からはキハ189系で運転されている。現在は浜坂駅発着だが、2009年度までは香住駅を発着点としていた。

キハ181系を使用して周期的に設定された臨時特急としてはほかに、臨時特急おわら号がある。おわら号はキハ181系の引退と同時に終焉を迎え、いわば「潮時」のような感覚を感じたものだが、かにカニはまかぜについてはキハ181系の引退が列車設定の継続に影響しなかったという点で、いかに成功したキャンペーンだったか、その度合いをうかがい知ることができる。

※画像提供:Teru-t2様 (無断転載厳禁)

臨時特急かにカニはまかぜ号のトレインマーク

2000年から2010年までの間設定されていた時代の、キハ181系の先頭と最後尾には特別なイラスト・トレインマークが設定された。面白いのは「かにカニはまかぜ」という表記ではなく、「かにカニエクスプレス」となっていたところ。

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)

このヘッドマークの使用期間で言うとかにカニはまかぜが10年超なのだが、実はこのマークを掲げて走った列車は複数存在しており、キハ181だけでなく183系などの電車特急にも見ることができた。

一方、この列車の前身とも言える「味めぐりはまかぜ号」では、はまかぜの名がしっかりと入っている。

臨時特急味めぐりはまかぜ号

 

どちらが良かったのだろうか?と考えたくなるところだが、それよりもHMそのものが使われなくなり、そんな議論も必要のない時代になってしまったことに一抹の寂しさを感じる。

画像提供:koganeturbo様(無断転載禁止)

タイトルとURLをコピーしました