従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

ニューなのはな号◆トレインマーク事典

485系ニューなのはな号愛称幕
スポンサーリンク

⇒ 485系ニューなのはな号のデータファイルはこちら

ニューなのはな号(お座敷電車)のプチ・ストーリー

◆JR東日本・千葉支社のお座敷タイプのジョイフルトレイン、ニューなのはな号。先頭車両を見ても形式は見当がつきにくいが485系の改造車両である。お座敷電車とはいうものの、ボックスタイプのクロスシートにも転換できる構造を持つ多目的車両であるところが興味深い。

千葉支社にはこの車両の前に、165系なのはな号というお座敷電車が存在したが老朽化したため、1998年1月にバトンを受けてニューなのはな号がデビューした。種車は485系1000番代とはいうものの、車体は新製したものだ。

車両番号は、クロ485、モロ485、モロ484、クロ484のいずれも、485系を改造したJR東日本のジョイフルトレイン4種からの連番となっている。(シルフィードリゾートエクスプレスゆう)。先頭形状は「華」に準じた形だがそれを改良したものであり、その形は「やまなみ」・「せせらぎ」などに受け継がれていった。

ラストランは2016年9月25日津田沼駅をスタート、総武本線・中央本線・篠ノ井線・信越本線経由で長野駅までのいわば廃車回送コースを自力で走るのを営業運転とした形だ。

ニューなのはな号(お座敷電車)のトレインマーク

この車両にはロゴステッカーのようなものはなかった代わりに、ロール式の行先・愛称表示幕が設置されている。グリーン車のマークもこの愛称幕の中に組み込まれているところが面白い。

ニューなのはな号の愛称表示幕

ニューなのはな号の愛称表示幕

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【愛称幕登場】1997年12月20日
【愛称幕引退】2016年9月25日 ※
【愛称幕使用期間】18年9カ月
※ ラストランは廃車回送を兼ねた営業運転

皆様へのお願い~もっと事典を充実させるために~

この列車のヘッドマーク・ロゴマーク類のデザインに関するさらなる情報を調査しています。

また、将来的には ニューなのはな号のトレイン・サボなども存在が確認出来たらご紹介する計画なので気長にお待ちいただければ幸いです。

なお、トレースを精密に行うには当然のことながら精細な画像が必要になります。このサイトは皆さんに無償で使っていただけるトレインマーク事典ですのでご協力いただけるなら皆さんの益になると確信しております。情報をご提供いただける方を募集しています。

保存

タイトルとURLをコピーしました