従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

特急つばめ号(国鉄)◆ヘッドマーク事典&テールマーク

た行
スポンサーリンク

⇒ 特急つばめ号(国鉄)のデータファイルはこちら

特急つばめ号(国鉄)のプチ・ストーリー

◆特急つばめ号。 東海道本線を代表する特急列車として、蒸気機関車が牽引した時代(1950年1月)からEF58電気機関車の時代、そして電車特急の時代まで主役としての立場を守り抜いた。

その誕生は、戦後初の国鉄特急、特急へいわ号が1949年9月から東京駅~大阪駅間で運転を開始し、愛称公募により改称してつばめ号となったもの。

同年6月に追加して登場した姉妹列車、特急はとと共に、東京~大阪間を9時間で結んだ。写真は、京都鉄道博物館に展示されているC62で、デフにつばめの形のエンブレムがついていることで知られる。

この「つばめ号」という愛称は国鉄の歴史において最上級の“格”に位置すると考える人も多いようで、九州新幹線の各駅停車型列車として設定されることについて決定された際に物議をかもしたりもした。

九州新幹線つばめ号・特急つばめ号(九州)は別ページ

※ 画像提供:Teru-t2様ほか

(画像のEF58は車両基地公開での再現)

◆特急つばめ号のトレインマーク

昭和50年代後半あたりからは、主に14系客車を利用して運転されるリバイバル特急列車がいろいろと企画されて走るようになった。

つばめ号・はと号・平和号などが運転されたが、そのトップバッターとしてこの特急つばめ号が走ったと記憶している。EF58、茶色の61号機に牽かれて走る姿に夢中になったのが昨日のようだ。

 

SLファンの方なら「特急つばめ」と聞くと「C62」の大きな姿と、デフレクタ―に貼られた「つばめエンブレム」がすぐに思い浮かぶという方が多いのではないだろうか。

そして、客車の最後部では円形の行灯式テールマークが煌々と輝く姿もしかり。豪華な展望車両に華を添え、ますます高嶺の花を印象付けたことだろう。

いずれも、近くでよく見てみると、なんとも筋肉質の様な厳ついシルエットなのだが、これでこそSL界のフラッグシップともいえる車両らしさが感じられるというもの。とはいえ、2号機、18号機に加え、12号機に付けられていた(らしい)以外は装着はなかった様で、C62=つばめ というイメージは事実とは遠い。

151系・485系電車特急つばめ号

東海道新幹線開業前の4年ほど、東京~大阪間を151系を使用して走った。その後のつばめ号はどんどん活躍の場を西に移していく。興味深いのは新幹線開業後、新大阪発着で博多に達した時期。151系は直流電車であるため九州で自走はできないのだが、電気機関車に牽いてもらうことで博多に達していたのだ。1964年10月からちょうど1年間限定の出来事だ。

その後は481系~485系へとこのマークが受け継がれる。「つばめ」の文字の部分が白帯のようになっていたのが一つの特徴だ。

タイトルとURLをコピーしました