従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

新幹線みずほ号◆ロゴマーク事典

ま行
山陽・九州新幹線ロゴマーク
スポンサーリンク

⇒ 新幹線みずほ号のデータファイルはこちら

⇒ 寝台特急みずほ号のページへ

新幹線みずほ号のプチ・ストーリー

◆新幹線みずほ号。2011年3月に念願の九州新幹線全通と同時に、山陽新幹線との直通運転が始まった。新幹線さくら号には九州内だけを走る速達版としての役割もあるが、みずほ号はN700系のみを使用し、新大阪~九州という直通運転の役割だけを担う、最速達列車として活躍している。

寝台特急みずほ号廃止以来17年ぶりの愛称の復活、しかも公募で決まったさくら号とは別でさらに上位列車を設定して愛称を設けるという、離れ業で大きな話題を振りまいた。「おらが街にも速達列車を停車させてくれ」という、たびたび起こる問題の新たなアプローチ方法となった。

新幹線みずほ号のトレインマーク

九州新幹線の場合、列車愛称ごとの固有のマークというものは現在設定されていない。登場した時から一貫して使用されているN700系の専用編成に貼られているロゴが唯一の存在である。

山陽・九州新幹線ロゴマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【ロゴマーク登場】2011年3月12日

愛称表示はサイドの出入り口付近にあるLED表示器のみであり、やや寂しい。とはいえ、この「みずほ号」はオレンジの表示、一方「さくら号」はピンクに白地の表示であることから、一目見ただけでイメージ的にとらえられるようにはなっている。オレンジが選ばれたのは黄金色に色づいた稲穂のイメージだと考えて間違いないだろう。

◆新幹線みずほ号の画像集

sakura6 sakura5
N700系に勾配対策を施した7000番代と8000番代を使用して運転される新幹線みずほ号。7000番代はJR西日本所有、8000番代はJR九州所有ということで、番代の違いは基本構造の違いではなく、所有会社の違いを表すものだ。ちなみに、N700系の基本形とは外観上、ライン・ロゴマークの違いに加え、青磁色という青みがかったベースカラーという点でも違いがある上、8両編成と短いため、見分けるのは意外と簡単だ。

※ 画像はみずほ号としての運転ではなく試運転中のもの。

タイトルとURLをコピーしました