従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

寝台特急明星号◆ヘッドマーク事典&テールマーク

ま行
スポンサーリンク

⇒ 寝台特急明星号のデータファイルはこちら

寝台特急明星号のプチ・ストーリー

myojo1◆ 新大阪~熊本などを結び、ブルートレインまたは583系(・581系)電車寝台特急として、1986年に廃止されるまで関西~九州の寝台特急の代表格だった寝台特急明星号。臨時列車としては1990年まで存続した。

この区間の寝台特急として登場したのは1968年10月。急行ひのくに号からの特急格上げによる登場だった。名古屋~博多の寝台特急金星も同じダイヤ改正での登場である。前年に寝台特急月光と昼行の特急みどりとして登場した581系電車が投入された。わずか1年の差で「月光型」と呼ばれた581系車両も、設定順序によっては「明星型」または「金星型」と呼ばれてもおかしくない僅差だったともいえる。考えてみると、実際の明星は金星を指す言葉だ。

ちなみに、同時に登場した関西~日豊本線を結ぶ寝台特急彗星も581系を使用した特急として知られるが、登場時点では大分県の幸崎駅以南が非電化であったため、同時581系デビューしたわけではなく20系客車でのスタートとなっている。

定期列車としての末期には寝台特急あかつきとの併結運転を行なって延命が図られたが、同じ路線を走る寝台特急なは号に道を譲り姿を消した。最大7往復を誇った時代には客車だけでなく583系電車寝台も使用されて大所帯だったが終焉に向かうスピードは非常に早かった。

◆寝台特急明星号のトレインマーク

特急明星単独のヘッドマーク

九州内でのみ使用されたもの。関西のブルートレインにヘッドマークが使用され始めた1984年に、時を同じくして寝台特急あかつき号との併結運転をするようになったため、本州内の単独ヘッドマークは必要なかったためだ。

 

寝台特急あかつき・明星複合型

このヘッドマークは本州区間で使用されたもの。ブルートレインあかつき号との併結運転をする際のもの。複合型ヘッドマークの最初期のものであり、デザインうんぬんというより、はっきり言ってなんとか間に合わせ的に作ったという感じがしてしまう。ちなみに、ふくらみのある中華鍋型の九州タイプも同じデザインで存在した。

ブルートレイン明星・テールマーク

こちらは単独ヘッドマークと共通の基本デザインだが、色合いは大きく異なっている。とりわけ空の色に深みがあるのが見て取れるだろう。

583系明星・ヘッドマーク

ブルートレインのテールマークに対して、581系・583系の電車寝台車両のトレインマークは横長のマーク。比較してみると単に横に伸ばしたデザインなのではなく、文字の位置なども異なっていることがわかる。583系の方では文字が黄色い部分にかかっていることから視認性を高めるため黒いふちどりがしっかりついている。

◆寝台特急明星号の画像

ef65akatsuki-myojo
myojo2
・電車、客車と、両タイプの寝台車両を使用して数多く運転されていた明星号だが、1982年11月改正時には西鹿児島発着の1往復のみとなり、24系25形客車での運転となっていた。その時点でヘッドマークが設定されていなかったため、単独マークは本州で使用されず、残念だった。1982年~1984年の間は、客車=明星、電車=なは という形で同じ区間に二つの愛称の列車が走っていた。*** 画像提供:teru-t2様・K-office様

保存

保存

保存

保存

タイトルとURLをコピーしました