従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

特急はるか号◆愛称幕事典・ロゴマーク

スポンサーリンク

⇒ 特急はるか号のデータファイルはこちら

特急はるか号のプチ・ストーリー

特急はるか281系◆ 米原・草津・京都~関西空港を結ぶ空港アクセス列車として運転されている特急はるか号。南海電鉄の特急ラピートとライバル関係にあるが、成田エクスプレスと同様、JRのネットワークの広がりに強みを見せ、とりわけ新幹線からの乗り継ぎユーザーの高い支持を得てデビュー時から活躍してきた。

一時期、定期列車の削減を実施したりもしたが、2016年にJR西日本が発表した「訪日外国人旅行者受け入れ強化策」の一環としてふたたび30往復の設定を回復。また一段と利便性を高めた。無料公衆無線LANサービスが2014年12月から2015年7月にかけて順次実施されたが、それはJR西日本では第一号だった。

車両は専用の281系が設定当初から現在まで一貫して担当。定員200名の5両編成としてスタートしたが、後に6両編成・9両編成での運転をするようになった。「はるか」という愛称は一般公募によるものであり、投票数ベスト3には入っていなかったものの、「空」・「日本らしさ」のイメージを両立する愛称として選ばれた。
最近では空港アクセス特急という本来の目的だけでなく琵琶湖線方面から大阪南部への足としての利用の色も併せ持っている。

特急はるか号のトレインマーク

現代版「トレインマーク」というべきか、しっかりとしたロゴマークの表示幕が用意されている。もっとも、281系特急型電車はほぼ特急はるか号専用車両なのでこの表示幕が変更されて営業運転することは多くない。

関西空港アクセス特急はるか号の専用車両、281系の車体には、おそらく外国からの乗客を意識してのことと思われるが、日本を代表する風景として富士山と京都の風景が描かれている。

現代に至っても海外から見た日本のイメージはこれなのかとあらためて認識させられた気がする。

◆特急はるか号にハローキティ・ラッピング列車登場!~2019年~

2018年、500系新幹線にピンク色のハローキティ・ラッピング列車が現れて大いに話題となった。それまでのエヴァンゲリオン・ラッピングや500系オリジナル塗装とのイメージのギャップが大きかったことで、話題性が非常に高かったのだが、こちら「特急はるか」の281系電車もハローキティ・ラッピング列車が登場。500系とは対照的なまでに「落ち着いたイメージのラッピング」が施されている。続いて新製投入された271系にもラッピングが実施された。

はるか本来のカラーリングは手を加えず、花柄をあしらったり、着物を着たキティちゃんが先頭部分に描かれたりして、可愛らしさを上品に打ち出している。

※画像提供:KOGANETURBO

特急はるか専用281系車両

特急はるかサイドビュー塗装は、大きく分けて「白(シャイニングホワイト)」、「グレー(コスモグレー)」、「青(ストラトブルー)」の3色が用いられている。

「白」は大空に輝く雲をイメージ、「グレー」は無限に広がる宇宙を、「青」は成層圏をイメージしたもの。

先頭車両の横顔は、おでこが前に出ているようなユニークな形状をしており、正面から見たスタイルもどこか垢抜けしないファニーフェイスで、良く言えば親しみやすい顔つきである。

タイトルとURLをコピーしました