従来のページは「データファイル館」に改装中です。ここからリンク!

特急つばさ号(在来線)◆ヘッドマーク事典

特急つばさ号のヘッドマーク た行
特急つばさ号のヘッドマーク
スポンサーリンク

⇒ 特急つばさ号のデータファイルはこちら

特急つばさ号のプチ・ストーリー

◆ 上野・福島~秋田を結ぶ特急列車として1992年の山形新幹線開業まで運転されていた特急つばさ号。キハ82系使用の気動車特急としてスタート。盛岡発着編成を併結していた時代があり、それが後の特急やまびこ号となった。

また山形~青森で設定された時期や、仙台発着(仙山線経由)の時代があったことなどから、東北6県すべての県庁所在地を発着駅として経験した珍しい列車でもある。気動車時代はキハ81形(特急はつかりからの転用)、キハ181系なども使用した。そんな気動車時代を語る上で欠かせないのが板谷峠補機の変遷である。旧型電機に含まれるEF16に始まり、EF64までは直流電気機関車が牽引したが、1968年に交流に切り替える工事が完了し、EF71にバトンタッチした。

その後1975年10月、念願の奥羽本線全線電化と共に485系化、さらに耐寒設備強化タイプの485系1000番代化され、在来線特急時代をそのまま終えた。山形新幹線・山形開業時、山形以北が空白地帯となることを避けるため、特急こまくさが新たに登場してリレー特急の役割を担った。

現在では東京~新庄を結ぶ山形新幹線つばさ号として(東京~福島は東北新幹線)愛称が引き継がれ、初代車両「400系」のさらに次の世代、E3系新幹線が活躍している。

◆特急つばさ号のトレインマーク

特急つばさ号ヘッドマーク

特急つばさ号ヘッドマーク

(画像をクリックするとHM高画質保管室にリンク)
【HM登場】1978年10月2日第一期採用
【HM引退】1992年6月30日
【HM使用期間】13年9か月

当時の日中の上野駅で見られた数あるイラストトレインマークの中にあって、これほど赤が際立ったマークは他になかった。他には特急みちのく号があったが、縦の厚みがない分だけつばさ号のマークのように際立つものではなかった。

幻のヘッドマーク

485系200番代の、貫通型タイプトレインマーク。これは幻のマークと言われており、実際に使用されたことはおそらくないと思われる(万一ありましたらご指摘ください)。

幻の貫通型用つばさ号HM

幻の貫通型用つばさ号ヘッドマーク

電化当初は200番代を使用していたが、それはイラストマーク登場前のことであり文字マークだった。そして耐寒設備の1000番代に変更された後の、1978年10月改正からイラストマークが採用された。つまり貫通型でイラストマークのつばさは基本的になかったはず。

しかし、マーク採用に合わせて東京北鉄道管理局が発行した記念きっぷで描かれたマークはこの貫通型タイプだったことから、貫通用もデザインは完成したものだったと言えそうだ。

元々の運転本数は決して多くなかった特急つばさ号ではあるが、同じ奥羽本線系統で上野と山形を結んでいた特急やまばと号と共通運用として、L特急の指定を受けていた。また、運用上は磐越西線への特急あいづ号とも共通だった。奥羽本線電化前の時代にはキハ80系を使用した時代もあり、つばさ号という愛称の歴史の古さをうかがい知ることができる。

客車特急つばさ号・幻のヘッドマーク

客車特急つばさ号・幻のヘッドマーク

1970年代~80年代初頭には、12系⇒14系座席車を使用した臨時特急つばさ号も運転されていて、なかなかバラエティーに富んだ歴史を刻んできた列車ということができるだろう。

客車運転した際にヘッドマークが使用されることはほとんどなかったが、一部ファンから「伝説の」あるいは「幻のヘッドマーク」と呼ばれているマークが存在した。国鉄一般職員による手作りで1977年1月16日の上野⇒黒磯間で臨時特急つばさ51号のEF65PFに初めて装着し、その後も数回の装着実績がある。

この時期は東京口のブルトレ以外にはヘッドマークが着かなくなった時期で、それを嘆き復活を願う有志たちによる制作であったことを当時のスタッフの方々が語っていた。(鉄道ファン1986/3より)

◆特急つばさ号の画像集

画像提供:YOMPAQ様 (無断使用厳禁)
上はありし日の上野駅の姿を彷彿とさせる写真だ。東北・上越新幹線開業に伴って485系のこうした姿が上野駅からどんどん消えてなくなっていった中、特急つばさ号が1992年までこうして残るとは思ってもいなかった。長距離列車がどんどん消えて、新幹線+特急の乗り継ぎが普通のパターンとなってきた近年だが、上野から乗り換えなしで秋田県(奥羽本線沿い)の各都市まで行けることを望んでいた人も多かったのかもしれないと思わせる存在だった。

*追記* 2016年6月19日に仙センの485系国鉄色ラストランイベントで「特急つばさ号イラストヘッドマーク」を掲げて福島⇒山形、「つばさ号・文字マーク」で山形⇒仙台での運転を実施(いずれも仙山線経由)。その運転を最後に485系原型車両の営業運転は終了した。いずれも旅行商品としての販売。

タイトルとURLをコピーしました